色々な種類があるマーケティングリサーチ

マーケティングリサーチは消費者のニーズを知るための市場調査のことです。新商品や新サービスを開発しても、消費者のニーズに合わないものだと企業の利益になりません。商品化し実際に市場に出す前にターゲットとしている対象にどれくらい受け入れられるのか把握することで、「売れない」というリスクを軽減できる可能性があります。また、商品の開発前に現在の消費者はどの様なものを求めているか把握することもできます。マーケティングリサーチを行うことは、企業のリスクを減らし利益につながる大切な調査です。その方法はいくつかあり、自社で行うことができる方法と専門の業者へ委託したほうが良い方法があります。それぞれをうまく使うことで効果的に消費者のニーズを掴むことができます。

自社で行うことができる調査方法

マーケティングリサーチを専門としている業者へ依頼する場合、コストが発生します。もし、コストを抑えた調査を行いたい場合には自社で行うことができる手法もあります。比較的低コストの手法はアンケート調査です。普段から利用している顧客へアンケートを行いますので、大きな費用負担はありません。しかし、対象となるのはすでに利用している顧客であるため、新規顧客につながるデータは得にくい可能性はあります。もし、新規顧客へのアプローチを考えている場合には、サンプリングを行いアンケート調査する方法もあります。ターゲットとなる顧客が多くいる場所に出向き、サンプルを配布し感想を聞くことで消費者から直接意見を聞くことができます。費用と手間はかかりますが、同時に商品のPRもできるメリットもあります。

マーケティングリサーチ専門業者へ委託するメリット

専門業者へ委託することは、当然コストがかかります。しかし、ノウハウやシステムを持っているため正確性の高いデータを得ることができます。いくつか方法はありますが、一般的にはWEB調査が多いでしょう。WEBで市場調査を行うメリットは、調査対象が全国にいるという点です。また、年齢や性別など幅広い対象へ調査が可能になります。最近では、インターネット上のコミュニティで意見交換をする方法も見られるようになりました。実際に対象となる消費者を集めて、会場で意見を聞く方法もあります。この場合は会場の手配などもあり手間やコストが大きくなる可能性があります。また、調査する地域が限定されるため、全国区での展開を検討している場合には向きません。しかし、消費者の生の声を聞くことができる点は大きなメリットとなります。

素材・工業材料、情報通信、AV家電、エレクトロニクス、装置・機械などの業界を得意としております。 マーケティングリサーチに関する相談・お問合せをご希望される方はお気軽にご連絡くださいませ。 国内・海外市場におけるBtoB領域の豊富な調査実績があります。 中国、、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポール、ベトナム、韓国、台湾などの海外調査も行っております。 失敗しないマーケティングリサーチなら