マーケティングリサーチがおすすめの理由

近年活発になっている経営手法のひとつに、マーケティングリサーチがあります。これは、その名の通り販売や製造、保管や流通などの企業活動の全般(マーケティング)を調査(リサーチ)することをいいますが、主に世間や消費者などの志向や動向を調査することをいう場合が多いです。また、一口にマーケティングのリサーチといっても、その中でも様々な手法に分かれます。企業は、それぞれの目的や計画のもとで、様々な手法の中から選んで実施することになり、結果を分析して経営に役立てます。この活動が活発になっているとはいえ、導入することを躊躇っている企業や、イマイチ意義が分からないという企業が多いのも事実です。そこで、この活動がもたらすメリットを具体的に理解することで、おすすめの理由を探っていくことから始めましょう。

企業を取り巻く環境の変化を客観的に把握できること

従来の少品種大量生産の時代から、顧客のニーズに合わせて多品種少量生産の時代となって現代では、たとえばスマートフォンやパソコンなどの各種家電、自動車などは、次々に新製品が生まれています。そのため、企業は常に環境の変化やニーズに敏感になり、それに合わせた経営方針を立てなければ、企業間の競争から取り残されることになります。そこで、適切なマーケティングリサーチによって世間の声を定期的に聞くことにより、今現在で何を必要としているか、あるいは無駄を省くことはできないかなどを素早く認識することができます。むしろ、世間の声を聞かない経営を行うこと自体が時代遅れになりつつあります。リサーチによって得た結果は様々な側面に幅広く活用することかできるので、是非導入を検討しましょう。

費用対効果が比較的高いことも魅力的

近年のマーケティングリサーチは、主にインターネットを用いる手法が主流になりつつあります。たとえば、ネットでのアンケート調査やオンラインでの面接調査など、ほぼリアルタイムで結果を集めることができます。また、ネットを用いるため費用が安く抑えられ、かつ得られる効果が高いことも非常に魅力的といえます。マーケティングリサーチに慣れてくると、年齢層や調査数を調整する際に、どの程度調査すれば良いというのが感覚的に分かってくるため、回数を重ねれば重ねるほど費用対効果を高くすることが可能です。したがって、導入している企業としていない企業では、どんどん経営に差が出てくることになるため、導入していない企業は、まずは目的や計画を立てた上で、適切な手法を導入することが求められます。