マーケティングリサーチにかかる費用

近年の企業経営においては、しっかりとした計画に基づいた調査や分析が欠かせません。それは、多様なニーズを要求するようになった世間においては常識になりつつあり、企業を取り巻く環境の変化が激しくなることが予想されている将来においては、ますます重要になることでしょう。そのような企業経営において実践すべき手法のひとつとして、マーケティングリサーチが注目されています。世の中の意見やニーズを素早く経営に反映させられるとして、多くの企業が導入しつつあります。では、今すぐ導入するためにどのようなことを知っておけば良いかといえば、それは費用です。やみくもに導入したところで、かけた費用に相当する利益を得られるとは限らないため、ますはかかる費用について簡単に把握しておきましょう。

街頭での調査か、ネットでの調査か

ひとくちにマーケティングリサーチといっても、その種類には様々なものが存在します。また、時代の流れによって実施方法も変化し、近年ではネットを用いることが主流になりつつあります。たとえば、従来までは街頭に立ってアンケートをお願いし、その結果を集計していたところを、近年ではネットで回答者を募ることによって、短期間で大量の結果を集計できるようになりました。街頭で手当たり次第に行うよりも、費用や効率が良いのは言うまでもないでしょう。ただし、ネットによれば嘘の回答をする人もいるし、気軽に回答できるゆえに記入間違いも多くなります。その点、街頭でのアンケートによれば、その場で意見を聞くことができ、回答者も適度な緊張感をもって回答することができます。したがって、費用や効率が良いからといって安易にネットを用いるのではなく、企業がマーケティングリサーチを行う目的を明らかにした上で、どちらが本当の意味で良い効果を得られるのかを考えることが大切です。

費用は相対的に決まるものということを意識する

マーケティングリサーチの費用は、この手法を用いるからこの程度の費用がかかるという絶対的なものではなく、調査の規模や効率性によって変化する相対的なものです。そのため、同じテーマで同じようなアンケート調査を行ったとしても、ある大企業では数億円規模の費用がかかる一方で、中小企業では何百万円に収まるということも珍しくありません。そのため、実施する前には必ず試算を行い、規模や効率性を勘案した上で、満足のいく効果を得られるように努めることが大切です。当然ですが、調査の結果として得られた利益が、調査にかかった費用を上回らなければなりません。言い換えると、集まった情報という利益を超えないラインであれば、いくら費用をかけても問題は無いので、厳密にはいくらまでかけるのが妥当なのかという相場はありません。そのため、たとえば同業他社が行った調査の費用を一応の目安として、しっかりと試算を行った上で実施することが求められます。