マーケティングリサーチのメリット

新たな商品や今まで販売している商品をより効果的に売るためには、今の時代マーケティングリサーチが何より必要となっています。ただ商品を開発して、商社に卸してだけの仕事では、商品を消費者に購入してもらうことは難しいといえます。そのためには消費者が求めている商品の特性を調査するほかにも、マーケットでおける商品者が購入する値段や流通経路の選択など様々なこと調査する必要性があります。そのほかにも消費者に商品を宣伝する為、効率よく宣伝をしていかなければなりません。それらには消費者からの声を何より聞いていく活動が必要となります。更に商品が消費者に届くまでの流れの中には商社以外の小売店などといったチャネルがいくつもあり、それらが商品を効果的に売るために重要になります。

マーケティングリサーチをする目的

商品を新たに販売したり、元からある商品を再度売り出す場合、マーケットに即した販売促進をする必要性があります。ただ消費者が商品に求めているものを調べるだけでは不十分です。商品をより効果的に売るにはマーケットで適正な価格付けをし、それを多くの消費者に届けられる流通経路を選び出す必要があります。また商品に対する認知度を上げなければ、そもそも消費者は商品のことを認識すら出来ないので、CMやインターネット広告など様々な宣伝媒体の中から対象とする消費者に適切な宣伝戦略をする必要があります。このような販売促進を行う場合、必要とされるのが消費者からの声が重要となります。そのため、そういった情報を確実に手に入れるためにもマーケティングリサーチが必要となってくるのです。

消費者に効果的に商品を届けるには

商品を消費者に届けるまでいくつもの段階を踏みます。その際の段階で小売店や卸売り問屋などのチャネルがあります。これらチャネルは商品を売る上でとても重要であり、一重に軽視してよいものではありません。チャネルを軽視していては、商品が実際に買われているかの情報が掴めなくなります。そのため商社に納品したとしても、その後の商品の流れを追いかける必要があります。最終的に全ての商品は消費者に流れ着きます。商品の売れ具合を見るほか、それ以外にもその商品の使用感や印象を調査するなど、マーケティング活動はとても重要です。こうすることでフィードバックができ、次回以降の商品の開発や宣伝戦略に活用することが出来ます。これらマーケティング活動を抜きにして効果的に商品を消費者に届けることは出来ません。