マーケティングリサーチの利用法

企業を取り巻く環境の変化は激しく、それに付いていけなくなれば、企業間の競争に負けることに繋がります。そのため、世間全体や消費者の志向や動向を探りながら、現在ではとのようなニーズがあるのか、あるいは将来はどうなっていくのかなどを常に考えておかなければなりません。そこで役に立つのがマーケティングリサーチです。企業で担当している人でないと、あまり馴染みがないように感じますが、たとえば内閣支持率や視聴率、テレビで良く見かける「~社調べ」など、意外と身近に存在しているものです。先述した世間全体や消費者の志向や動向を探るためには、ある程度の調査が必要であり、それには様々な手法が存在します。そこで、どのような種類があり、それぞれどのように利用するのかなどを把握しておきましょう。

どのような種類(手法)が存在するのか

マーケティングリサーチには様々な手法があります。まずは従来から行われている伝統的な手法から見ていきましょう。先述した内閣支持率や視聴率など調査は、一般的にパネル調査と呼ばれ、何人かを対象に比較的長期間行います。また、複数人を対象にするという点で、該当でのアンケート調査や、グループを作って行う座談会や面接調査も行われてきました。一方で比較的新しいものとして、ネットを用いたアンケート調査や、サンプルを郵送、あるいは対象者が店舗に赴き商品を購入し、実際に使ってみた感想を調査するものなどが挙げられます。企業が扱う商品やサービスによって、どれが効率的かつ有効的かを考えた上で実施することが大切です。これを定期的に行うことで、現在の社会を客観的に見られるようになるでしょう。

主な利用方法と、より効果を高めるために心掛けるべきこと

マーケティングリサーチにおける様々な手法で得られた結果は、実に幅広く活用することができます。単に世間が求めているニーズを分析して、今後の方向性を計画付けることはもちろん、自社とライバル社の比較や、商品のクオリティ調査なども可能です。一度の調査結果を多方面で利用できることは非常に魅力的といえるでしょう。マーケティングリサーチの効果をより高めるためには、何のために行うのかを明確にしておくことが重要になります。目的は企業によって異なる場合が多く、その目的に合致した手法を行わなければ、せっかくの調査結果を最大限利用できなくなります。また、調査にかける費用と、結果としての利益を比較衡量した上で、コストベネフィットのバランスを意識することも忘れてはなりません。